課長007 課長ほど素敵なショーバイはない!?
世界は課長が救うのさ!マーケティング課・課長のマネージメント・ブログを書いている。 http://twitter.com/kacho007
"

子供の頃、つまり昭和一桁のころの師走って特別の雰囲気だったな。

畳替えは秋の終わりに済ましていたかも知れない。
殆どが和室で子どもが遊び回るから毎年畳み職人さんが台を持ち込んで新しく張り替える。
次の年は裏返して仕立て直して一年使う。
長い頑丈な針で縁を縫い付けて行く作業が面白くて傍にくっついて眺めていた。

師走になれば「てったいさん」と呼ばれていた屈強な男性が二人程で家中の掃除をしにきてくれる。
天井などの煤払や床下や女手だけでは手の届かない所はいっぱいあった。
母は陣頭指揮でピリピリしていたから父と子どもは邪魔にならないように避難してたものだ。

暖房器具は火鉢と炬燵くらいでその灰を新しくするのが父の役目だった。
届けられた藁束を庭の隅で焚火する。
それにあたりながらノンビリと父と話し合うのが楽しかった。
真っ黒になってまだ藁の形状を留めているのを家中の火鉢やあんかの灰色の粉になっていたのと入れ替えると新しい年が来るって実感したものだ。

年末にはクリスマスの行事も有ったから結構忙しかった。
父の田舎からはカマスに入った丸いお餅と、干し柿などが送られてくる。
舗装されていない道路を大きな門松を乗せた大八車が行き交っていた。
町に一軒だけあった洋服屋さんが姉と私のために生地見本を持って寸法を採りに来てくれる。 
師走は洋服店も忙しそうだった。 既製品など殆ど無かったみたい。
姉と違って興味の無かった私は母任せだった。

晦日、大晦日になればおせち造りで台所はてんてこ舞い。
私もゆで卵を裏ごししたり、擂り鉢を押さえたり少しは手伝った覚えが有る。 お祭り騒ぎで楽しかった。

師走の緊張した喧噪さと一夜明ければ、空気が一変してそれぞれ正装して座敷に行けば父母がにこやかに大きな火鉢に手をかざしている。
その格差に新年を子ども心に心地良く引き締まった気持ちにもなったものだ。

戦争に突入する前の平和な風景だった。
私は中くらいの平凡な家庭だったけれど日本全体から見れば恵まれていた。
小学校の低学年でも不平等、格差社会は漠然とだが感じていた。

"
Monday 1/6/2014

(694 notes)

"

肝臓を強化する為に肝腎な事

2006/10/08 20:17
「肝臓によいものを教えてくれ」とかよく聞かれます。
「ウコンを飲みだしてから調子が良いけどどうなの?」とか聞かれます。
しかし、ウコンを飲んで調子が良いと言っていた方がその後、脳梗塞など肝臓以外の血液由来の病気になられることはしばしば見られますよね。

昔から、肝腎要という言葉、(肝心要説もある)が肝臓は重要な臓器である。肝臓の作用は、東京都立大塚病院 検査科ホームページ.を参照して下さい。

体のすべての病気(がん、心臓病、神経症、感染症等)は肝臓強化で予防できると言っても決して過言ではありません。
なぜなら体の解毒は肝臓の力に拠るからであり、体に必要な栄養素の分解から生成に至る関門である。解毒は血液の循環によって、血液の浄化によって達成できるからである。
全身の血液は肝臓を通過する。いわば肝臓は臓器といえど血の塊である。
また、うつ病やパニック症の原因である脳内ホルモンは、アミノ酸から作られるので、肝臓が悪いと脳内ホルモンが合成されず、うつ状態に為ります。うつ病の人は肝臓を強化するのが極めて大切であります。

というわけで健康には重要な臓器の肝臓であるが、昔から「肝臓に効く薬はない」と言われる。

「肝臓に効く薬はないって?」と思われるでしょう。確かに、仮に「肝臓強化」でネットで検索すれば多くの情報が集まるでしょう。

たとえば、しじみ汁、にんにくやネギなどのアミノ酸が肝臓の再生に良いとか。
ウコン、朝鮮人参、川柳などの漢方が良いとか。
タウリン、グルクロノラクトンが肝臓の機能を助けるとか。

これらは、すべて正しいのです。間違いではありません。
ニンニクの成分であるアリシンは肝臓の強化にはすこぶる宜しい。
ウコンは肝臓の炎症にはすばらしく有効です。
タウリン飲んで酒飲めば二日酔いしません。
特にタウリンやグルクロノラクトンは医薬品であり、臨床実験によって効能効果が実証されています。

では、なぜ「肝臓に効く薬はない」と言われるのでしょうか?

先ほど、申したように肝臓は血の塊であり、非常に我慢強い臓器であり、非常に回復力の強い臓器です。
しかし、肝臓が弱っている時、いくら良質のアミノ酸を飲んでも、栄養を必要としてる肝臓自身が代謝能力不足なので効きません。効いたとしても、それは一時しのぎの方法です。
確かに、ニンニクを食べたあと、元気になりますが、ニンニクが切れると元に戻ります。
タウリンを飲めば体が軽くなりますがタウリンが切れればだるくなります。
それは、肝臓の本来の回復力を治癒するに至っていないからです。
栄養のみでは、肝臓の治癒に莫大な時間がかかると考えられます。

ここでせっかく大金を使って「強肝剤」を購入している皆様に、「肝臓強化の肝腎な方法」を説明しておこうと思います。

それは、「肝臓のマッサージ」です。
ちなみに肝臓の位置は「右腹」です。

image




肝臓は血の塊なので、弱ってくると硬くなります。硬くなった肝臓をマッサージで柔らかくするのが肝腎要なのです。
なぜなら、柔らかくすると自ずと自然の力が湧き出でて肝臓が正常になる。
肝臓が柔らかくなれば、アミノ酸やタウリンなどの栄養素も効果を倍増させられる訳である。

マッサージの方法は
「手を刀のようにして、右腹の肝臓部分を何回も押します。」それだけです。
ただしこれは簡易的なマッサージで、最初の段階です。

「肝臓マッサージ」の真の方法は、「右肋骨の際から、親指以外の四本の指を肋骨の下にある肝臓に向けて徐々に差し込み、弛めていく事」です。
弱っている人は、痛くて指が肋骨の下に入りません。
そういう場合は、指先を皮膚に当ててじっとしておくぐらいの、ごく軽いところから始めます。ちょっと触られただけでも圧迫感を感じた人も、何日か経つと、指先がほとんどすべて入ってしまうくらいに弛んでいることに驚くでしょう。普段からそのくらい弛んでいれば肝臓は快調と考えて良いでしょう。

この肝臓マッサージは、導引術やヨガではよく言われますが、最近は商売の話が多いようで、口から入れるサプリメント等の二次的な方法しか知られていないのが残念である。

とにかく、肝臓には、1に肝臓マッサージ。2に休養。3に栄養です。
"
Sunday 1/5/2014

(2,149 notes)

poochin:

素材コラ(素材元: Twitter / 720n)

(1,752 notes)

poochin:

素材コラ(素材元: Twitter / 720n)

(via otsune)

"@エクセル 応答せよ!至急応答せよ!!!こちら、数時間上書きしてない!!!メーデーメーデー!!!応答せよ!至急応答せよ!!!!!!繰り返す、数時間上書きしてない!!!応答せよ!!!"
Saturday 1/4/2014

(382 notes)

kotoripiyopiyo:

yellowblog:

onehalf:

fuak:

classics:

gifanime:

xtc:

mrmt:

randompictures - randompictures @ 2010-05-29T13:38:00





GIリカ

(635 notes)

"

とある美容室のwebサイトでは、価格、やってる事を、とても綺麗なwebサイトを作って宣伝していた。
しかし、ご来店するお客様から「webサイトを見ました」という言葉はなかなか聞くことが出来なかった。

そこで私は、webサイトに顔出しor似顔絵をつかって「人」の存在を売り込むことにした。
その人が何を考え、どのような仕事がしたいのか?
この辺りを聞き出し、webサイトに公開。

また、毎日ホントにわずか数行の日記ブログをお勧めした。

すると僅か2ヶ月で効果が現れだした。
「あ、○○ちゃんって父の日にちゃんとプレゼントした子よね?えらいよねぇ」
始めてご来店するお客様からこんな言葉を頂いたそうだ。

つまりこのお客様は、中で働いている「人」がどんな人なのか知っていた事になる。これは間違いなく日記の効果だった。
また、インターネットの「文字」というのは、何故か「その人をテレビで見ているような感覚」を覚えさす魔力が備わっている。

"

(1,370 notes)

"自分の子供の名前含めて個人を特定できる形で、その子供の写真等をインターネットに公開している人の育児発言はまず疑ってかかるようにしています。以前も同じようなことを書きましたが、理由は、その人が、子供を自己の所有物としてコントロールする対象と考えている可能性があるからです。"

(143 notes)

"はてなブックマークでは、コメントやタグにネガティブな意見や罵倒が並んでブログやウェブサイトのオーナーが傷ついたり、炎上を引き起こすことがある。池田信夫は、はてなブックマークのユーザーを「はてなに集まるネットイナゴ」と呼び「悪貨が良貨を駆逐する」と批判した[40]。そのため翌月に褒めることしか出来ず、コメントのハードルが高い「はてなスター」が始まった[41]。しかし池田は納得せず、翌年も「匿名の卑怯者」「暗黙の言論弾圧の装置」と批判した[42]。そのためかオーナーがmetaタグを設置すれば、『コメント一覧の非表示』が出来るようになった[43]。それでも池田は納得せず、次の年も「チャレンジしないでストレスを飲み屋やウェブで発散するサラリーマン」の「卑怯者に「ガス抜き」のプラットフォーム」を与えていると非常勤取締役の梅田望夫を批判した[44]。はてなブックマークのユーザーは、はてな平均より男性(9割)や中・高所得者(年収500万円以上が6割)が多いようで[3]、池田はそれを念頭に発言したようである。この批判に応えてエントリーページでは、はてなスターの付いた人気コメントが優先的に表示され、池田が求めたようなシステムになった。またtwitterやmixiなどのSNSとの連携機能を整備する要因になったようである。"
Friday 1/3/2014

(72 notes)

"人が物を欲しくなる条件というのがあって、“近い将来もっと盛り上がっているだろう”と思ったら人はそれを買うんです。欲しくならない状態はその逆。これまでのプロレスは流行っていなかったから人気が低迷していった。"

(1 note)

"

遠藤賢司、細野晴臣、松本隆、鈴木茂、林立夫・・・を語るとき、それぞれへの心からの敬意を示していらっしゃいましたが、それも、それだけで一冊埋まってしまいそうです。
もう、ほとんどのろけ話のようでした。

「『12月の雨の日』は、詞と曲、どっちが先だと思う?」
自他共に熱狂的なはっぴいえんどフリークの僕に、答えられぬ筈はないと、目の奥が僕を試そうと笑っていました。
「詞ですよね?」
松本さんとお話していて、音数に併せて歌詞を求められたエピソードも聴いていたけれど、初期のこの作品は松本さんの最初の書籍「風のくわるてつと」を何度も読んでいたし、まず、詞が先に違いないと思ったのでした。
大瀧さんはニヤリと笑い、こう言いました。
「同時だよ」
なんだそりゃ!?
松本さんと大瀧さんが犬猿の仲だと云われてはいたけれど、ロンバケやEACH TIME での、もちろん創作のぶつかり合いはあって当たり前だろうけれど、松本隆という作詞家がいなければ大瀧さんもまた、あの名盤、名曲を生みだすことができなかったことを心底、骨身に感じていらっしゃるようでした。

"
Thursday 1/2/2014

(3 notes)